×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 建築系

土木系研究・技術者

土木系研究・技術者

土木系研究・技術者になるには

土木関連の学科への進学が一般的

 短大や専門学校の土木課、大学の土木工学科や土木環境工学科、海洋土木工学科、大学院の専門課程などを卒業して土木建設会社に勤めるか、あるいは、公務員試験の土木関連の区分などに合格して、現場で経験を積んで一人前になっていくのが一般的なコースだ。
 なお、代表的な関連資格試験としては、(一財)全国建設研修センターが実施する「土木施工管理技術検定試験」がある。合格すると、大規模な公共工事も担当できるため、資格取得を奨励する企業も多い。

土木系研究・技術者 なるためチャート

続きを読む

土木系研究・技術者の仕事の内容

土木工事にかかわる業務を分担して進める

 鉄道やトンネル、ダム、橋、上下水道などの建設に際して、計画、調査、設計、積算し、工事現場の指揮を執るのが土木系研究・技術者だ。
 土木工事では、まず建設予定地の地形などを調査し、次に、設計担…

続きを読む

土木系研究・技術者の働き方と生活

長期間の出張もあり勤務は不規則

 道路や鉄道などの工事は、交通量の少ない夜間に行われることも多く、勤務時間は不規則になりがちだ。また、労働条件は工事現場の周辺環境や工期などによっても異なる。
 さらに、担当現場は、日本国内に…

続きを読む

土木系研究・技術者に向いている人・適性

長期の工事を完成させられる計画性が必要

 大規模で長期に渡る工事を完成させるためには、強い責任感と行動力、計画性や判断力が不可欠だ。
 また担当分野によって、適性は多少異なる。例えば、細かい作業が続く設計担当者には、集中力や持続力が…

続きを読む

土木系研究・技術者の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

初任給 約24万円

続きを読む

土木系研究・技術者の資格

関連資格

土木施工管理技士

続きを読む

土木系研究・技術者の将来性

求められる環境への配慮

 国・地方自治体の財政の悪化により、公共事業を見直す動きが強まっており、土木事業は厳しい局面を迎えている。また、近年は環境破壊や災害対策も大きな課題となっている。今後、土木工事にはこれまで以上に環境や…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す