×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 デザイン系

カラーコーディネーター

カラーコーディネーター

 住宅の外装・内装、アパレル商品、家電機器など、建物や商品の配色を提案する職業。デザイナーやウェディングプランナーといった職業と兼任することが多いが、フリーランスでカラーコーディネーターを専業にしている人もいる。

カラーコーディネーターになるには

検定を通して知識を深めておくと就職に有利

 カラーコーディネーターになるために必要な資格は特にない。大学、短大、服飾・デザイン系の専門学校を卒業後、一般企業の商品企画部門・デザイン部門か、イメージコンサルタント系企業への就職をめざそう。
 必須ではないが、就職に有利な資格として「カラーコーディネーター検定試験」がある。1〜3級まであり、どの級も特別な受験資格は求められない。1級は「ファッション色彩」、「商品色彩」、「環境色彩」と3つの分野から1つを選んで受験する。得意分野があれば、各業界への就職に役立つだろう。1級と2級は合格後、養成講座を受講し追加の試験をクリアすることで、認定講師の称号を与えられる。社会的な信頼性がより高まるため、目標にするといいだろう。

カラーコーディネーター なるためチャート

続きを読む

カラーコーディネーターの仕事の内容

商品のコンセプトに合った色彩を提案する

 住宅や建物の内装や外装、服飾品、家電機器、店舗ディスプレイなど、さまざまな場面で最適な色の組み合わせを提案するのがカラーコーディネーターの主な仕事だ。
 仕事の進め方は扱う対象によって異なる…

続きを読む

カラーコーディネーターの働き方と生活

建築、インテリア、ブライダルなど、活躍の場は広い

 カラーコーディネーターは、建築会社やインテリアショップ、ブライダル企業、アパレル会社など、活躍できる場が多岐にわたる。通常は商品の企画や営業の担当者として働き、必要に応じてカラーコーディネータの兼務…

続きを読む

カラーコーディネーターに向いている人・適性

流行や消費者の動向などへの関心が高いことが大切

 どのような職場で働くにせよ、カラーコーディネーターには流行をしっかり押さえた配色の提案が求められる。そのため消費者のライフスタイルや、はやりのファッションに関する見識が欠かせない。強い好奇心があるこ…

続きを読む

カラーコーディネーターの年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

・収入…働く場所、経験、実力によって異なる

続きを読む

カラーコーディネーターの資格

必須資格 … 必須資格…なし

 カラーコーディネーターとして働くために必要な資格はない。ただ、色彩に関する民間の検定はいくつかあり、取得しておくと就職するうえで役立つだろう。
 代表的な検定として、東京商工会議所が主催する

関連資格

カラーコーディネーター検定/色彩検定/色彩士検定

続きを読む

カラーコーディネーターの将来性

色彩についての効用が認知され、ニーズが高まる可能性も

 色が心理的にもたらす影響など、色彩についての効用が認知されるに従い、カラーコーディネーターのように色彩についての知識を持った専門家のニーズが高まる可能性は充分にありうる。

 また、色彩は…

続きを読む