×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 技能サービス系

クッキングアドバイザー

クッキングアドバイザー

クッキングアドバイザーになるには

調理師や栄養士の免許を取得してメーカーなどに就職

 クッキングアドバイザーは調理を行ったり、栄養バランスの良いレシピを考えたりするため、調理師や栄養士の資格を取得しておくといい。厚生労働大臣から調理師や栄養士の養成施設として指定されている専門学校、大学、短大で学び、都道府県知事に免許を申請して取得するのが近道。卒業後は食品メーカーや調理器具メーカー、スーパーマーケットに就職するのが一般的だ。

クッキングアドバイザー なるためチャート

続きを読む

クッキングアドバイザーの仕事の内容

調理実演という方法で製品のアピールをする

 クッキングアドバイザーの仕事は、調理家電メーカーや調理器具メーカー、または、フリーとして企業からの依頼を受け、食品メーカーが売り出す製品などを、調理方法を実演したり、消費者に食べ方のポイントを伝えた…

続きを読む

クッキングアドバイザーの働き方と生活

スーパーやショールームなどで働いている

 クッキングアドバイザーは、スーパーやメーカーのショールーム、料理教室などが主な勤務先となる。スーパーやカルチャースクールでの実演では、より多くの客を集める必要がある。必然的に土日に勤務することが多く…

続きを読む

クッキングアドバイザーに向いている人・適性

製品や料理についてよく知ろうとする態度が必要

 基本的には接客の仕事なので、客への受け答えが丁寧で、明るく対応できることが求められる。また、実演している製品や料理についてわかりやすく説明できるように、製品の持つ機能や、食材や調理方法の知識などにつ…

続きを読む

クッキングアドバイザーの年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

経験や能力により異なる

続きを読む

クッキングアドバイザーの資格

関連資格

調理師 /栄養士/管理栄養士

続きを読む

クッキングアドバイザーの将来性

食の動向に詳しい人材への需要は高まる

 最近では、テレビや新聞などのメディアを通じて、食の安全性や食材の有用性などの情報が消費者に行き渡り、食への関心も高い。企業製品のPR役として、単に料理を実演するだけではなく、食に詳しい客からの問いに…

続きを読む