職業情報 対人サービス系

葬祭ディレクター

葬祭ディレクター

葬祭ディレクターになるには

専門学校に通い、知識と技術を身につけておくと有利

 葬祭ディレクターになるために必須となる資格は特にない。高校、専門学校、短大・大学を卒業後、葬儀社への就職をめざすといい。
 専門学校には葬儀に関する学科を設置しているところもあるため、就業前に専門的な知識や実習経験を得ておきたいなら、入学を検討してみるといいだろう。ブライダル系の学科と併設している専門学校が多いようだ。
 就業に必須の資格ではないが、「葬祭ディレクター技能審査」という民間の資格がある。受験資格には実務経験が求められる。

葬祭ディレクター なるためチャート

続きを読む

葬祭ディレクターの仕事の内容

遺族の要望に沿って葬儀を運営する

 葬儀全般をプランニングし、式場の準備や式進行を執り行うのが主な仕事だ。葬儀の前に遺族から要望を聞きながら、葬儀の流れと段取り、費用について打ち合わせをする。葬儀当日は、会場の設営指示、参列者への対応…

続きを読む

葬祭ディレクターの働き方と生活

夜勤や休日出勤を含む交替制の勤務が多い

 葬祭ディレクターの勤務先は一般の葬儀社や冠婚葬祭互助会などがある。
 葬儀はいつ発生するかわからないため、夜勤や休日出勤を含む、交替制の勤務形態が採られている場合が多い。また、通夜や葬儀の進…

続きを読む

葬祭ディレクターにふさわしい人

思いやりと冷静さが大切

 遺族は悲しみと動揺を抑えきれない気持ちでいる。そのため、細やかな心遣いと思いやりを持ちながら、わかりやすく説明する能力が必要だ。また、葬儀の準備期間は非常に短く、当日は慌ただしく動くことになるため、…

続きを読む

葬祭ディレクターの将来展望

価値観の多様化への対応が求められる

 今後、高齢化社会の進行にともない、需要は増えるが、葬儀社の競争も激しくなると予想される。また、価値観の多様化により、今までは一般的でなかった葬儀の形も現れている。遺族の立場になって考え、参列者の心に…

続きを読む