×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 デザイン系

ディスプレイデザイナー

ディスプレイデザイナー

ディスプレイデザイナーになるには

デザインとマーケティングをバランスよく学ぶ

 ディスプレイデザイナーとして仕事をするには、まず美術系・ファッション系の学校で基礎知識・技能を学ぶのが一般的。大学・短大なら、美術・デザイン系の学科が最適。
 学校によっては、空間デザイン学科(コース)が設けられていたり、家政・生活科学系の学科でも空間デザインが学べるところもある。学科のカリキュラムやコース編成をよく調べてから志望校を決定するといいだろう。
 専門学校なら美術・デザイン系、ファッション系の学校でデザイナーを養成している。これらの学校で学ぶのは、デザインに必要な絵画や色彩の知識、デッサンやCGなどの技術、装飾に使うさまざまな素材に関する知識、空間演出に必要な照明の知識、広告やマーケティングなどの商業的な知識などである。
 ディスプレイデザイナーに必要なのは、デザインに関する知識・技術と、美的センス、流行を読む目、クライアントや消費者のニーズに対応できる柔軟性。
これらの素養を身につけるには、美しいものを多く見て、情報収集を怠らないことが大切だ。

ディスプレイデザイナー なるためチャート

続きを読む

ディスプレイデザイナーの仕事の内容

デパートから博物館まで、表現の舞台は幅広い

 ディスプレイデザインとは、さまざまな空間で、商品や展示物を引き立てるために装飾を施す表現方法である。具体的な対象は、デパートのショーウィンドーや店舗の商品陳列などの商業空間、自動車ショーや博覧会など…

続きを読む

ディスプレイデザイナーの資格

関連資格

商品装飾展示技能士/インテリアプランナー/商業施設士など

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す