×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 技能サービス系

和裁士

和裁士

和裁士になるには

服飾系の学校に入学するのが近道

 和裁士になるには、専門学校、短大・大学を卒業し、反物店もしくは呉服店に就職するのが一般的だ。未経験でも採用枠はあり、入社後に研修を受けられる。
 就職に必須の資格ではないが、厚生労働省の国家検定「和裁技能士」を取得していると信頼性が高まり、就職にも有利だと言える。3級なら実務経験がなくても受験できる。学科試験では和服全般の知識が問われ、実技試験では実際に裁縫を行う。
 資格を取得してから就職をめざすのなら、服飾系の専門学校・短大・大学で知識と技術を身につけるのがいいだろう。

和裁士 なるためチャート

続きを読む

和裁士の仕事の内容

きものを仕立て伝統を継承する

 きものの仕立てを職業としている人のことを和裁士という。染め上げられた反物をきものに仕立て上げていくのが「和裁」だ。和裁士は、日本和裁士会の商標である。…

続きを読む

和裁士の働き方と生活

時間に応じた仕事ができる

 確実な技術と資格を取得すれば、生涯有効なキャリアとなる。一定水準の技術を身につければ独立して仕事を続けることができる。…

続きを読む

和裁士に向いている人・適性

 古きよき日本の伝統文化である「きもの」の縫製技能を引き継ぎ、向上させていこうという意欲のある人がのぞましい。…

続きを読む

和裁士の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

経験や能力により異なる

続きを読む

和裁士の資格

関連資格

和裁技能士/和裁検定

続きを読む

和裁士の将来性

 和裁士の数が減少傾向にあり貴重な技術者に対するニーズも高い。…

続きを読む