×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 技能サービス系

ソムリエ

ソムリエ

ソムリエになるには

ソムリエの資格があれば就職に有利

 一人前のソムリエとして働くには、調理や観光についての学科・コースのある専門学校を卒業した後、ホテルやレストランでの実務経験が必要だ。ソムリエの国家資格はないものの、一般社団法人日本ソムリエ協会の「ソムリエ呼称資格」の認定を受けるのが一般的。年に1回認定試験が行われ、サービスやワインの管理についての筆記試験(一次試験)と、テイスティング・論述(二次試験)、ワインの開栓やデカンタージュのサービス実技(三次試験)があり、合格すると良質なサービスを提供できるという証明になる。一次試験実施日時点でワインやアルコール飲料を提供する飲食サービス業を通算3年以上(ソムリエ協会の個人会員の場合は2年以上)経験していないと受験できない。
 ソムリエとして働くためには、卒業後にアルコール飲料を扱う飲食店などで実務経験を積むことが不可欠と言える。

ソムリエ なるためチャート

続きを読む

ソムリエの仕事の内容

客に最良のワインを提供する

 ソムリエはレストランなどで働くワインの専門家だ。世界中のワインの産地、料理との相性、味や香りなどの特徴について豊富な知識に基づいて、客の注文した料理や好み、予算に合わせたワインをアドバイスし、グラス…

続きを読む

ソムリエの働き方と生活

勤務時間はシフト制で、お店により異なる

 ソムリエの活躍の場は、主にホテル内のレストランや高級レストランだ。勤務時間はお店によりさまざま。レストランは土日も営業しているところが多いので、スタッフは交替で休みを取るようだ。
 勤務中は…

続きを読む

ソムリエに向いている人・適性

人と話すことが好きで、礼儀正しい人

 接客業なので、お客様が「また来たい」と思えるような接客ができる人が求められる。人と話すことが好きで、礼儀正しく、気配りができ、人当たりのいい人がふさわしいだろう。また、ワイン以外の食物や料理に関する…

続きを読む

ソムリエの年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

勤務先により異なる

続きを読む

ソムリエの資格

関連資格

ソムリエ呼称資格認定試験

続きを読む

ソムリエの将来性

ワインの人気により、活躍の場が増える

 ワインの人気は定着しており、これからもワインを楽しむ人が増えていくだろう。フランス料理店だけでなく、日本料理店、中華料理店などもワインを取りそろえるようになり、ソムリエの活躍の場は広がっている。

続きを読む