職業情報 芸能・芸術系

作詞家、作曲家

作詞家、作曲家

作詞家、作曲家の仕事の内容

豊かで鋭い感性を持ち時代の音楽を作る

 作詞家と作曲家は、言葉とメロディーという表現方法の違いはあるが、共に豊かで鋭い感性が必要とされる。
 作詞家を専業とする人は少なく、最近は歌手が自分で、あるいは小説家やコピーライターなどが作詞をすることも増えてきた。ただ、歌謡曲、特に演歌は専門の作詞家が多い。最近では、曲に合わせて歌詞を作る方法が一般的だ。
 作曲家は、ソングライターとコンポーザーに大別できる。ソングライターは、歌謡曲のメロディーラインを書いたり、アレンジをしたりする仕事だ。コンポーザーは、映画、ラジオ、テレビ、ゲームなどのBGMやCM曲を手がけている。

作詞家、作曲家の働き方と生活

仕事と休暇の区別がつきにくい

 作詞家も作曲家も、多くの人がフリーで活動している。労働時間は不規則な場合が多く、休みを取っている間に作詞や作曲の重要なヒントやひらめきを得ることもある。仕事と休暇の区別がつきにくい仕事と言える。
 また、新人、ベテランに関係なくチャンスがあるのもこの業界の特徴だ。

作詞家、作曲家にふさわしい人

時代をとらえる感性と好奇心が必要

 作詞家をめざす人はたくさんいるが、デビューしても続けてヒット作を出せる人は少なく、辞めていく人も多いので、プロの作詞家は常に不足状態だ。作詞家を続けていくには、旺盛な好奇心や感性、時代を見る目や観察力などが不可欠になってくる。
 一方、作曲家は作詞家より仕事の幅が広いため、長続きする人が多いと言える。いずれの場合も、時代のニーズを的確にとらえる感性の持ち主が生き残っていくようだ。

作詞家、作曲家の収入、資格

収入 …  経験や能力により異なる

作詞家、作曲家の将来展望

短期ヒット型の曲が多くなりより多忙に

 テレビやラジオ、CD、携帯音楽プレーヤー、インターネットなど、音楽を手軽に楽しめる手段が増え、人々の好みも多様化している。そのため、ロングセラーは減っているものの、短期ヒット型の曲はさらに増えると考えられる。今後は世界をマーケットにする可能性も広がっている。

作詞家、作曲家にはこうすればなれる

レコード会社などに作品を持ち込む

 作詞家になるのは容易ではないが、レコード会社に作品を送ったり、音楽事務所に所属して仕事をもらったり、各種団体が公募する作詞コンクールに応募して受賞するなどの方法がある。また最近は、音楽の専門学校で作詞を勉強する方法もある。
 一方、作曲家も同様に自分で売り込んだり、オーディションに応募したりするという手段はあるが、バックバンドやスタジオミュージシャンなどとして働くうちに認められ、作曲を依頼されるというケースもある。
 また、作曲家になるにはさまざまな音楽の知識や技能が必要になるので、やはり音楽大などで専門的な作曲や音楽理論を勉強した方が有利だろう。

作詞家、作曲家 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る