×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 デザイン系

ブックデザイナー(装丁家)

ブックデザイナー(装丁家)

ブックデザイナー(装丁家)になるには

デザイン・印刷の基礎とセンスが必要

 多くのブックデザイナーは、出版社で編集者をしていたり、デザイン事務所で編集デザインを経験し、独立するケースが多い。
 まずは、出版社やデザイン事務所に就職して、経験を積むといいだろう。デザイナーや画家としての仕事をしながら、自分の好きな装丁家に弟子入りして腕を磨く人もいる。
 進学する場合は、美術系の大学・短大・専門学校で、デザインや印刷に関する基礎知識を学んでおくと有利である。
 しかし、デザイン・印刷の基礎知識と、ブックデザイナーとしての素養(センス、色彩感覚、読解力、情報収集能力)があれば、必ずしも美術を専門に学んでいなくてもよい。何よりも読書が好きで、本に愛着を持てる人がこの仕事に向いている。

ブックデザイナー(装丁家) なるためチャート

続きを読む

ブックデザイナー(装丁家)の仕事の内容

質感にもこだわって、売れる本をデザイン

 ブックデザイナーは、本(主に書籍)の表紙やカバーなどのデザインを行う。ときには、本文を含め、一冊丸ごとをデザインすることもある。グラフィックデザイナー、イラストレーター、画家などが装丁の仕事をするこ…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す