職業情報 対人サービス系

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーになるには

生活科学系の学問が役立つ

 消費生活アドバイザーになるには、経済産業省認定の消費生活アドバイザーの資格を取得する必要がある。資格取得のための試験はだれでも受けられるが、消費生活アドバイザーの称号が付与されるためには、2次までの試験に合格することが必要だ。試験では、消費者問題、行政・法律、経済などの分野についての幅広い知識が問われ、個別面接も行われる。また、資格は5年ごとの更新制である。
 進学する場合は、生活科学系学部で家政学や生活文化学を学んでおくと役に立つだろう。そのほかの関連学問としては、心理学、経営学・商学、経済学、法学、人間科学などが挙げられる。

消費生活アドバイザー なるためチャート

続きを読む

消費生活アドバイザーの仕事の内容

消費者の生の声を商品に反映させる

 企業や地方公共団体に所属し、消費者窓口などで消費者の相談に応じたり、企業と消費者の架け橋として企業の商品開発や販売戦略などについてアドバイスをするのが、消費生活アドバイザーだ。特に企業では、消費者に…

続きを読む

消費生活アドバイザーの働き方と生活

地方公共団体や企業の消費者部門などで活動

 職場は、地方公共団体や、食品、化学(薬、化粧品、洗剤など)、電機、家庭用品、自動車、生命保険、百貨店、流通、そして公益企業のガス、電力など、消費生活に関連した業種の消費者部門、調査・広報部門、商品開…

続きを読む

消費生活アドバイザーにふさわしい人

生活感覚豊かで信念と謙虚さがある人

 扱う対象は生活関連用品が多いので、生活感覚豊かで、消費者、特に主婦の気持ちがわかり、聞き上手、話し上手であることが求められる。
 また、時には企業のトップを含めてさまざまな部署の担当者や消費…

続きを読む

消費生活アドバイザーの収入、資格

収入・関連資格・必須資格 …  月給 約16〜21万円

続きを読む

消費生活アドバイザーの将来展望

活躍の場の広がりに大きな期待

 消費者のライフスタイルや価値観が多様になり、それらを満足させる商品の開発が求められている中、消費者の声を積極的に商品開発に生かすことが必要になっている。そのため、消費者の生の声を企業に反映させる消費…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す