職業情報 対人サービス系

海外現地ガイド

海外現地ガイド

海外現地ガイドになるには

現地の歴史や文化、習慣をきちんと伝えられることが必要

 海外現地ガイドになるために、とくに必要な資格はない。現地に居住していて、現地の言葉に堪能で、現地の地理に詳しければガイドになれる。ただし、現地で働くにはその国の就労ビザか永住権を持っていることが前提となる。しかし、旅行会社や観光ガイドの派遣会社に所属してプロのガイドとして働くには、日本人に現地の歴史や文化、習慣をきちんと伝えられるだけの知識があり、旅程の管理ができ、接客の心得があることが必要である。そのため、総合旅行業務取扱管理者や総合旅程管理主任者の資格をとっておくと有利である。

海外現地ガイド なるためチャート

続きを読む

海外現地ガイドの仕事の内容

日本人旅行客が気持ちよく旅行できるようサポートする

 海外に居住して日本人旅行客のために現地の案内をするのが、海外現地ガイドの仕事である。案内する客は1人のときやグループのとき、旅行者やビジネスマン、視察団もある。海外現地ガイドは、まず、その地で客が何…

続きを読む

海外現地ガイドの働き方と生活

顧客によるため勤務は不規則

 需要のある仕事だが繁忙期と閑散期があり、これだけで安定した収入を得ることは難しい。また顧客の都合により労働時間も変動するため、仕事の入っているときは変則的なスケジュールとなる。…

続きを読む

海外現地ガイドの収入、資格

収入・関連資格・必須資格 … 

続きを読む

海外現地ガイドの将来展望

高齢化社会に伴い需要増

 比較的時間に余裕のある高齢者の団体旅行が増えていることにより、海外現地ガイドの需要はある。土日・祝日や長期休暇以外で旅行することも多いため、ガイド側からすると繁閑の差が小さくなり比較的安定収入につな…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す