×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 自然研究・技術系

獣医師

獣医師

獣医師になるには

大学の養成課程で学び、国家試験を受験

 獣医師になるには、獣医学課程のある大学で6年間学んでから、獣医師国家試験に合格し、農林水産大臣から獣医師の免許を受けなければならない。
 獣医学系の大学は限られている。また、私立の場合学費も高い場合が多いので、事前に調べておきたいところだ。
 なお、獣医師国家試験の合格率は、例年80%前後と高いので、獣医学課程のある大学に入学してきちんと勉強すれば、獣医師の国家資格を得ることは難しくないだろう。また、公務員として働きたい場合は、公務員採用試験に合格しなければならない。

獣医師 なるためチャート

続きを読む

獣医師の仕事の内容

動物の診療やバイオ関連の研究を行う

 獣医師は主に、犬や猫などのペットや、牛、馬、豚などの家畜の病気の治療や予防、人工授精などの仕事に携わる。最近のペットブームにより、中には人間の病院並みの診療設備を完備していたり、往診したりするところ…

続きを読む

獣医師の働き方と生活

急患や出産などで夜間、休日の診療も

 農業団体に勤める場合、半年ほど教育訓練を受けてから、一人前の獣医師として診療に当たることになる。動物病院の場合、卒業後すぐに開業するのはまれで、まず病院に勤務して、経験を積んでから独立するケースが多…

続きを読む

獣医師に向いている人・適性

動物が好きでないとつとまらない仕事

 動物が好きで、動物の生理や行動を理解し、観察力や判断力に優れていることが重要。また、動物に対する愛情だけでなく、飼い主の気持ちもくみとれる人間的な温かさも必要だ。
 家畜専門の獣医師は、出産…

続きを読む

獣医師の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

平均給与 約42万円

続きを読む

獣医師の将来性

ペット関連に需要が高まる

 現在、獣医師の活躍の場は変化してきている。貿易の自由化などの影響により、日本の畜産業は不振が続いており、家畜を専門としている獣医師は減少傾向にある。
 一方、ペット愛好家の増加に伴い、ペット…

続きを読む

獣医師に必要な資格が取得できる大学を検索