職業情報 芸能・芸術系

モデル

モデル

モデルの仕事の内容

雑誌やショーなどで流行を発信

 手や足だけで演じるとか、商品を引き立たせるためのアイキャッチャー的存在もモデルだが、代表格はなんといってもファッションモデルだ。
 ファッションモデルの仕事は、ファッションショーや雑誌、テレビなどで、オリジナルあるいは最新流行の服を着こなし、世の中に広く紹介することである。華やかな世界で、最近は俳優に転身するモデルも少なくない。
 しかし、基本的に美しい歩き方や着こなし、ファッションセンス、プロポーションのよさなどが求められるほか、仮縫いの際には、デザイナーのOKが出るまで何時間も立ちっ放しだったり、ショーや撮影会では長時間の緊張を強いられたりと、体力や忍耐力も不可欠な厳しい仕事だ。また、長く続けるためには、体型の維持に必要なダイエットを徹底するなど、肉体的な自己管理にも大変な努力が必要だ。

モデルにふさわしい人

個性を際立たせる容姿がモデルの条件

 ファッションモデルの基本的な条件の一つとしては、背が高くてプロポーションがよいことだが、それだけでは一流にはなれない。特に現代では、ファッションの多様化が進み、いろいろな個性を持ったモデルが求められている。そのため、キャラクターや知性がより重視される傾向にある。
 また、生活が不規則になりがちなので、肉体的にも精神的にも自己管理が十分にできない人は脱落してしまう。

モデルの将来展望

能力次第でマルチタレントにも

 BSデジタル放送やCS放送など、放送技術の発達は著しいものがある。また、雑誌や商品広告などにおける写真の重要性が増しており、モデルの活躍の場は確実に広がっている。
 知名度が高くなると本業以外にも、タレントなどとして登場する機会も多くなり、仕事量、収入ともに増えてくる。人々の、自分の容姿をよく見せたいという願望が続く限り、ファッションショーなどが衰えることはないだろう。

モデルにはこうすればなれる

モデルとしての自分の長所を磨く

 モデルに学歴や資格は関係ない。容姿、センス、チャームポイントなど、自分の資質が資本である。
 なるための第一歩はモデルプロダクションに所属することだ。街角でのスカウト、紹介、売り込みなど、モデルプロダクションに入るきっかけはさまざまである。プロダクションは適性や将来性があると判断した人を、所属モデルとして登録し、パーソナルファイル(個人資料)をつくってクライアントに営業活動を行う。仕事は一般にオーディションを受けて得る。オーディションは高倍率なので、落ちてもくよくよせず、次から次へと挑戦する前向きな姿勢が必要だ。
 また、自分自身で成功を勝ちとっていく厳しい職業なので、精神的なタフさも必須である。

モデル なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ