×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 自然研究・技術系

気象予報士

気象予報士

 気象庁から提供された情報を分析し、天気を予測する職業。テレビのキャスターが読む天気予報の原稿をつくっているのもこの職業だ。また、近年はお天気キャスターとして活躍している気象予報士も出てきている。

気象予報士になるには

資格試験合格には専門知識が必要

 気象予報士になるには、気象予報士試験に合格し、気象庁長官に「気象予報士」として登録をされることが必要だ。だれでも受験できるが、気象庁から提供される気象データを理解し、応用する能力が試されるため、かなりの難関であり、近年の合格率は4%台で推移している。
 試験には学科と実技があり、学科試験では、予報業務に関する一般知識と専門知識が問われる。一定の気象業務経験者などは、申請により学科試験が全部または一部免除される。
 実技試験の科目は、「気象概況及びその変動の把握」、「局地的な気象の予報」、「台風等緊急時における対応」の三つだ。

気象予報士 なるためチャート

続きを読む

気象予報士の仕事の内容

観測データを分析し気象情報を人々に伝える

 天気予報は、生活に密接に結びついた情報として注目され、さまざまな分野で利用されている。気象予報士は、民間の気象会社などに所属して、気象庁から提供される数値予報資料や、気象レーダー、アメダスなどの観測…

続きを読む

気象予報士の働き方と生活

気象会社に勤務する場合シフト制で働くことが多い

 気象会社は、気象情報を24時間体制で提供しているため、気象予報士の勤務はシフト制を採ることが多く、早朝や深夜の勤務もあるようだ。
 また、テレビやラジオなどの天気予報番組が増加したことで、お…

続きを読む

気象予報士に向いている人・適性

観察力やデータの分析力が必要

 気象予報士の国家試験は合格率が5%前後と低く、かつ就職先も限られている。そのため自然現象に強い関心があることや、気象予報士になりたい明確な理由を持っている人でないと、なかなかなるのは難しいだろう。<…

続きを読む

気象予報士の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

勤務先により異なる

続きを読む

気象予報士の資格

必須資格 … 気象予報士

 気象予報士として働くためには、国家試験の合格者に与えられる「気象予報士」の資格が必要だ。受験資格は特に定められておらず、誰でも受けることが可能。学科試験と実技試験の2つの筆記試験が課される。

続きを読む

気象予報士の将来性

ニーズの多様化で今後の活躍に期待

 社会生活や経済活動が多様化するに従って、災害対策、交通情報、漁業、農業、生活関連など、あらゆる分野でそれぞれのニーズに合った気象情報が求められるようになっており、気象予報士への期待は非常に高いと言え…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す