×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

建築大工

建築大工

建築大工になるには

大型木造住宅の設計には建築士の資格が必要

 技術や経験が必要な職業だけに、まず職業能力開発施設や専門学校で所定の訓練を受けてから工務店や住宅メーカーなどに就職するのが一般的だ。また、地域の棟梁に弟子入りすることも一つの方法だ。
 一定規模以上の木造住宅の設計や施工監理をするためには、二級建築士や木造建築士の資格が必要なので、最近は資格を取得している建築大工も多くなっている。
 二級建築士と木造建築士の受験資格は、大学や専門学校などで建築関連の課程を修めて卒業すると得られる(取得単位に応じた所定の実務経験が必要)。高卒者の場合は建築の課程を修了後、所定の実務経験が必要である。

建築大工 なるためチャート

続きを読む

建築大工の仕事の内容

日本の伝統的な木造建築を支える

 最近は、住宅にも鉄骨・鉄筋建築が増えてきたが、それでも、木造建築は日本の気候風土に最も適した建築方法として健在だ。むしろ最近は、木の持つ触感や柔らかい雰囲気が見直されている。この木造建築の担い手が建…

続きを読む

建築大工の働き方と生活

現場によっては拘束時間が長くなる場合も

 働き方は、親方の下で修業を積む場合と、工務店や建設会社などに勤務する場合がある。作業場所が遠方だと移動に時間を要し、拘束時間が1日の実働時間を超えて長くなることもある。
 日曜のみ休日や週休…

続きを読む

建築大工に向いている人・適性

体力があり研究熱心であること

 材木を運んだり、屋根など高いところへ上がったり、建築物を美しく仕上げたりする仕事なので、体力があり、俊敏で手先が器用なことが条件だ。また、昔は扱う材料が限られていたが、最近は新しい接着剤や合金金物類…

続きを読む

建築大工の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

平均給与 約30万円

続きを読む

建築大工の資格

関連資格

二級建築士/木造建築士/建築大工技能士

続きを読む

建築大工の将来性

住宅が多様化。工具のハイテク化は必至

 デザインや色彩のほか、断熱、防音、不燃、防虫、バリアフリーなど、住宅に対する消費者の好みが多様化している。今後はこうした要求にこたえると同時に、自ら顧客によりよい住宅作りを提案できる総合的な能力が求…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す