職業情報 芸能・芸術系

歌手、ミュージシャン

歌手、ミュージシャン

歌手、ミュージシャンの仕事の内容

音楽活動で自分を表現する芸術家

 人前で歌ったり、演奏したりするのが歌手・ミュージシャンの仕事である。才能があって、努力を惜しまず、人を引きつける「華」があることが必要な職業で、それがプロとして成功する条件でもある。歌手の場合、デビューするまでは音楽事務所やプロダクション、作曲家のもとで修行を積むという人が多く、レコード会社にデモテープを送ったり、コンテストやオーディションに応募するなどして、音楽プロデューサーの目にとまるのを待ち、プロデビューを果たしている。バンドのミュージシャンの場合は、アマチュアバンドを組んでいたという人が多く、やはり音楽プロデューサーの目にとまる機会を多くつくって、プロデビューしている。

この職業をめざすなら!

歌手、ミュージシャンにはこうすればなれる

プロの目にとまる機会を逃さないこと

 歌手やミュージシャンになるために特別な資格は必要ない。才能と努力と運がプロへの道を招き寄せてくれる。
 自分に才能があるかどうかを知るためには、人前で歌ったり演奏したりする機会を多くもち、客の反応を見極めることが大切だ。日々の練習でレベルアップしたうえで、レコード会社にデモテープを送ったり、コンテストやオーディションにどんどん参加して、チャンスを逃がさないことである。
 大学や専門学校は、それまで自己流でやってきた音楽を広い目で見ることを教えてくれるが、あくまでも実力本位の世界なので、そういった学校への進学=プロへの近道となるわけではない。

歌手、ミュージシャン なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ