×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 運輸系

航空整備士

航空整備士

航空整備士になるには

国家試験を受けるには整備経験が必要

 資格の種類には一等航空整備士、二等航空整備士、一等航空運航整備士、二等航空運航整備士、航空工場整備士の五つがある。
 国家試験受験にはいずれも整備経験が必要なので、大学の理工系の学部や短大、高専、専門学校などを卒業後、航空会社や航空整備会社に就職し、一定の整備経験を積んでから受験するのが一般的だ。
 航空整備士と航空運航整備士の違いは、航空整備士が整備業務全般を行えるのに対し、航空運航整備士は整備業務を行える範囲が限られている点である。一方、航空工場整備士は機体各部について専門的な整備を行っている。

航空整備士 なるためチャート

続きを読む

航空整備士の仕事の内容

空の安全を守るため航空機の点検、保守を担当

 精密な航空機の部品は、心臓部にあたるエンジンをはじめ、どれも安全な飛行には欠かせない。航空整備士の仕事は、各航空会社が設けているチェックリストを基に、機体を構成する膨大な数の部品が正常に機能するかど…

続きを読む

航空整備士の働き方と生活

24時間体制でシフト制の勤務が多い

 航空整備士は主に航空会社に所属する。飛行機が寄航する空港には必ず整備士が配置されるため、勤務地は全国の空港が対象となる。また、新聞社や警察、消防の航空部などでヘリコプターや小型機の整備に携わる人もい…

続きを読む

航空整備士に向いている人・適性

第一に責任感そして体力と精神力

 強い責任感を持ち、正確な技術と機体に対する深い知識を持ち、細心の注意を払って業務に当たれる人に適している。
 また、航空整備士の昇格は極めて厳格に行われ、航空関係の職業の中で最も勉強と訓練が…

続きを読む

航空整備士の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

勤務先により異なる

続きを読む

航空整備士の将来性

新しい技術に対応できる人材に期待

 最近は航空機の部品が増え、精密化しているので、X線を使って見えない部分のひび割れを検出するなど、新しい技術の導入が盛んに行われている。今後はそういった新技術にいち早く対応できる人材が求められていくだ…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す