職業情報 芸能・芸術系

スタイリスト

スタイリスト

スタイリストの仕事の内容

ビジュアル効果を考えて全身をコーディネート

 ファッション関係のスタイリストは、担当のディレクターや編集者などと打ち合わせをして、番組や作品のテーマに沿って、モデルやタレントのファッションをイメージし、全身をコーディネートしていく。洋服はもちろん、靴、小物類まで準備して、ビジュアル効果を総合的に考えたコーディネートを心がける。さらに、メークやヘアとのバランス、着こなしなどにも気を配る。
 ファッション関係に限らず、テレビや雑誌など、「見せる」媒体の陰には必ずスタイリストの存在がある。食品やインテリアなどの分野でも、それぞれ専門のスタイリストが活躍している。

この職業をめざすなら!

スタイリストの働き方と生活

撮影の時間帯に合わせて早朝や深夜に働くことも

 スタイリスト志望者は、プロのスタイリストのアシスタントからスタートするケースがほとんどである。フリーになって実力がつけば、出版社やテレビ局などからの依頼も増えてくる。
 撮影が早朝や深夜になったり、急なロケの仕事が入ったりすることもあり、生活は不規則になりがちだ。

スタイリストにふさわしい人

細やかな心配りと人脈を広げるパワー

 センスのよさが、スタイリストの絶対条件であることは言うまでもないが、それだけではなく、細部にまで気を遣う心配りも大切である。
 また、ハードな労働に耐えるだけの根性と体力がなければ続かない。さらに、フリーで仕事をするうえで大切なのは人脈である。知り合った人を自分の人脈に加えて仕事に生かしていくパワーも大切な条件である。

この職業をめざすなら!

スタイリストの収入、資格

収入 …  経験や能力により異なる

スタイリストの将来展望

個人を対象にコーディネートも

 スタイリストのセンスは、ファッションの分野だけでなく、いろいろな場面で必要とされる。特に最近はインテリア、食器、雑貨など専門分野に細分化される傾向にあり、特定の分野に深い専門知識を持つスタイリストが歓迎されている。
 また、今後の可能性として、より「自分らしさ」を求める個人を対象にコーディネートする仕事も考えられる。

スタイリストにはこうすればなれる

アシスタントをしながら人脈を広げるのが近道

 スタイリストの仕事に学歴や資格は関係ないが、やはり基礎知識は必要なので、芸術系の大学や、短大の服飾関係の学科、専門学校のスタイリスト養成コースなどで学んでおいた方が有利だろう。
 スタイリストとして早く一人前になるためには、学校で得た情報やつながりを生かして有名スタイリストのアシスタントになるのが一番の近道である。仕事をしながらプロのやり方を勉強し、技術やセンスを身につけていく。
 また、スタイリストのプロダクションに入ったり、アパレルメーカーなどに入社したりして、経験を積んだうえでスタイリストになるケースもある。

スタイリスト なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ