職業情報 芸能・芸術系

フォトグラファー

フォトグラファー

フォトグラファーの仕事の内容

メディアを彩る写真を撮影

 新聞や雑誌、広告やポスターなど、いろいろなメディアで写真がふんだんに使われている。こうした写真をプロとして撮影するのが、フォトグラファーの仕事だ。
 撮影する写真は、報道写真、商業写真などがある。報道写真は新聞に載っている事件現場の写真、商業写真はポスター、カタログなどに使用されている。そのほか、雑誌のグラビアなどに使われる写真もある。
 撮影の対象は、人物、自然、料理、ファッション、事件、医学、科学・技術など、非常に広範囲に渡っている。そのため、フォトグラファーの多くは、自分の得意な専門分野を持っている。

フォトグラファーの働き方と生活

勤務時間は不規則で危険が伴うことも

 フォトグラファーの働き方は、組織に所属して働く場合と、フリーの立場で契約に基づいて働く場合に大別される。
 撮影が長時間や長期間に及ぶこともあり、フォトグラファーの生活は全体に不規則になりがちだ。報道写真を担当している場合は、命がけの撮影になることもある。

フォトグラファーにふさわしい人

一瞬をとらえるカメラセンスがものをいう

 フォトグラファーにまず求められるのは、一瞬のシャッターチャンスを逃さないカメラセンス、短時間に状況を判断する観察力だろう。この差がプロとアマの違いと言える。
 また、重い機材の運搬や長時間の撮影に耐えられるだけの体力、行動力も欠かせない。さらに、時代の流れに敏感で、構成力や創造力があることなども、大切な要素だ。

フォトグラファーの収入、資格

収入 …  勤務先や契約条件により異なる

フォトグラファーの将来展望

写真によるビジュアル表現の必要性が高まる

 雑誌のグラビアページの充実、製品の多様化による広告写真の増加などで、写真の果たす役割が大きくなっており、フォトグラファーの必要性も高まっている。それだけに、質の高さがますます要求されるようになり、写真学校を出て数年経験を積めば、すぐにプロとして活動できるような状況ではなくなっている。今後は得意分野を持つことがいっそう重要になるだろう。

フォトグラファーにはこうすればなれる

専門知識や技術の修得が第一歩

 プロのフォトグラファーになるためには、専門知識や技術が必要なので、大学の芸術系学部や、短大の写真関連学科、あるいは写真専門学校などで学ぶのが一般的なコースだ。
 フォトグラファーは比較的独立しやすい反面、競争も激しく、得意分野を持たなければ先行きは厳しくなる。したがって、いろいろな分野で十分経験を積み、自分の得意分野を見極めることが大切だ。
 ただし、成功するかどうかは、あくまでも作品の質にかかっており、フォトグラファーとしての才能次第といった面もある。そのため独学で成功した人も少なくない。

フォトグラファー なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る