職業情報 対人サービス系

ツアーコンダクター

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターの仕事の内容

団体ツアー客の案内役兼アドバイザー

 旅行会社のパック旅行や団体旅行に同行して案内役を務めるのが、ツアーコンダクターだ。
 自分が添乗するツアーが決まると、まず下調べをして、旅行会社担当者との打ち合わせをする。そして、スケジュールの詳細、航空券、ツアー客リスト、出入国書類などのチェックを行う。
 出発当日は、空港などで出国手続きや搭乗に関する注意、目的地の案内、盗難など旅行中の注意事項を説明する。目的地に着いたら、事前に手配してある旅行条件の確認や、現地のスタッフと観光などの時間配分、翌日の行程の再確認などを行う。また、自由行動の前日には、観光やショッピングのアドバイスも欠かせない。

ツアーコンダクターの働き方と生活

ツアーに添乗している間は24時間が仕事

 働く形態は旅行会社の社員、専属添乗員、派遣会社に登録している派遣添乗員などさまざまだ。
 一度ツアーに出れば24時間が仕事となり、睡眠時間が十分に取れない場合もある。
 ゴールデンウィークや夏休みなどは大変忙しいが、それ以外は仕事が少ない時期もあり、非正社員の場合は生活は不安定になりがちだ。

ツアーコンダクターにふさわしい人

実用的な英会話力とリーダーシップが不可欠

 世界各国を旅するツアーコンダクターには語学力が必須だ。使用する外国語は英語が中心で、実用的な英会話力が求められる。加えて、外国の歴史や文化、習慣などの知識も必要である。
 また、数日に渡り団体客を引率して旅をするので、心身共にタフで、リーダーシップがなければ務まらない。また、だれにでも好かれる明るさや気配り、冷静さなども欠かせない条件だ。

ツアーコンダクターの収入、資格

収入 …  雇用形態や時期などにより異なる

必須資格 … 旅程管理主任者

ツアーコンダクターの将来展望

手厚いサービスへのニーズは高い

 旅行者の数は景気にも左右されるため、年によって増減はあるが、手厚いサービスを求める人は多く、ニーズは高いだろう。しかし、ツアーが組まれる時期は限られるので、フリーのツアーコンダクターの多くは、旅行会社が必要とする時期のみ添乗することが多いのが現状だ。スペシャリストとしての社会的地位や待遇は確保されていない面もあり、課題となっている。

ツアーコンダクターにはこうすればなれる

まず旅行関連会社に所属する

 ツアーコンダクターになるためには、旅程管理主任者の資格を取得する必要がある。この資格は、観光庁長官の登録を受けた機関が実施する旅程管理研修を修了し、さらに一定の添乗の実務経験を積むと取得できる。資格を取得するためには、まずは旅行会社や添乗員派遣会社に所属することが第一歩と言える。
 旅程管理主任者資格には「総合旅程管理主任者」と「国内旅程管理主任者」があり、総合旅程管理主任者は、海外ツアーにも添乗することができる。
 外国についての知識を学び、語学のレベルアップを図るには、大学の語学系学部に進むとよいだろう。また大学によっては、観光関係の学科や専攻を設置しているところもある。

ツアーコンダクター なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ