×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 マスコミ系

ビデオディレクター、AVデザイナー

ビデオディレクター、AVデザイナー

ビデオディレクター、AVデザイナーになるには

ソフト制作会社やTV局で経験を積む

 この業界は基本的に学歴不問である。
 ビデオクリエーターを養成する専門学校や芸術系の大学へ進学すれば、企画、シナリオ、撮影、編集といった制作の基礎を学べるが、顧客と交渉したり、スタッフを手配して管理する能力は経験によってしか身につけられない。そのため、すぐにディレクターになるのは無理で、多かれ少なかれアシスタントとしての下積み時代が必要だ。
 また、多くの信頼できる専門スタッフが必要なこの仕事では、人脈が財産だ。幅広い人脈を得るためには、ほかの職業を経験することも回り道とは言えないだろう。
 独立の可能性もあり、そのためには自分の作品を制作して、その実績を売り込むことが成功のカギとなる。

ビデオディレクター、AVデザイナー なるためチャート

続きを読む

ビデオディレクター、AVデザイナーの仕事の内容

企画を立て、ビデオ制作を指揮

 ビデオディレクターは、企業の紹介映像やプロジェクトの記録映像などの制作を指揮する責任者だ。主な仕事は二つある。一つは、クライアント(発注元)から依頼された仕事、あるいは自ら営業活動を行って獲得した仕…

続きを読む

ビデオディレクター、AVデザイナーに向いている人・適性

すぐ次の案が出せる柔軟な発想力

 ビデオディレクターやAVデザイナーには、まず、顧客やスタッフと交渉する能力が必要だ。
 また、企業相手の仕事がほとんどなので、予算や目的が明確で、制作上の制約も多く、芸術家としての意識よりも…

続きを読む

ビデオディレクター、AVデザイナーの将来性

映像の時代到来で将来性は高い

 これまで主流だった企業ビデオに加え、最近は駅やホテルのロビー、ショールーム、美術館などに設置するための、より芸術性の高い、美しい映像と音響で構成されたビデオのニーズが増えており、今後もこの傾向が続く…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す