×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 営業・販売系

スーパー・コンビニ店長

スーパー・コンビニ店長

スーパー・コンビニ店長になるには

評価が高まってきた販売士の資格

 コンビニやスーパーの仕事に就くのに学歴や資格などはほとんど関係ない。しかし、消費者の嗜好や商品が多様化している現代では、小売業にも高度な知識が求められるようになってきた。マーケティング、仕入れ計画、販売管理、在庫管理などどれ一つ取っても、無駄を最小限にするために科学的な方法が必要になっており、それを駆使できる大卒程度の知識を持った人材が求められている。
 また、これらの要求に対応する関連資格として、日本商工会議所が実施している販売士の資格がある。1〜3級があり、特に1級は店舗管理にかかわる全般的な知識が問われ、店長をめざす人は取得しておくと役立つだろう。

スーパー・コンビニ店長 なるためチャート

続きを読む

スーパー・コンビニ店長の仕事の内容

消費者のニーズに合わせいち早く品ぞろえ

 スーパーマーケットとコンビニエンスストアは、経営形態や規模、品ぞろえなどで異なる点はあるが、店長の役割はほぼ同じと言ってよいだろう。大手コンビニエンスストアの中には、将来の幹部候補への道を開くために…

続きを読む

スーパー・コンビニ店長に向いている人・適性

リーダーシップとコミュニケーション能力が必要

 コンビニの従業員にはパートタイマーが多く、定着率を高めるためにもまず従業員をまとめていけるリーダーシップが欠かせない。それに、店内の人間関係をスムーズに保ち、マニュアルなどのシステムを理解させるため…

続きを読む

スーパー・コンビニ店長の資格

関連資格

販売士

続きを読む

スーパー・コンビニ店長の将来性

消費者のライフスタイルに合った経営戦略がカギ

 スーパーやコンビニなどの小売店の競争は激化しており、各社が消費者のニーズに合わせた店づくりに知恵を絞っている。今後は、売れ筋情報の収集・分析力や、新たな店舗づくりを行う企画力などの要素が生き残るかど…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す