×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 社会福祉系

手話通訳者

手話通訳者

手話通訳者になるには

実践的な技術を身につけることが必要

 手話を学ぶには、市町村やボランティア団体などが実施している手話講習会や手話サークルに参加して手話通訳の技術を学ぶか、養成機関である国立障害者リハビリテーションセンター学院手話通訳学科で学ぶ方法がある。
 手話通訳士の受験資格は、20歳以上というだけで学歴は問われないが、実際には、手話通訳経験が3年以上ないと難しいといわれている。実践的な技術を身につけ、技術力を向上させておくことが大切である。
 試験は、聴覚障害や福祉に関する幅広い知識や国語力をチェックされる学科試験、音声や映像を使っての実技試験があり、実技では単に手話通訳の正確さを見るだけでなく、通訳時の表現力や流れの滑らかさなども採点の対象となる。
 合格率の低い難関資格の一つである。

手話通訳者 なるためチャート

続きを読む

手話通訳者の仕事の内容

手話というツールをいかしてコミュニケーションする

 聴覚障害者にとって、手話は音声言語に代わる大切なコミュニケーション手段である。手話通訳者は、健聴者の話し言葉を聴覚障害者に理解しやすいように手話に変えて伝え、また、聴覚障害者の表す手話の意味・内容を…

続きを読む

手話通訳者の資格

関連資格

手話通訳士

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す