×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 マスコミ系

翻訳家

翻訳家

翻訳家になるには

語学が学べる学部への進学が第一歩

 翻訳家に必要なのは、語学力、それに信用と実績だ。背景となる教養や専門知識も身につけておきたい。
 翻訳家への第一歩として語学力を身につけるには、大学の外国文学系、外国語学系学部へ進学するとよいだろう。また、科学・技術の文献など産業翻訳のニーズが非常に高いので、理系学部の出身者にも翻訳家への道は開かれている。翻訳家の養成課程のある専門学校などで学ぶのも一つの方法と言えるだろう。
 翻訳関係の主な資格には、(一社)日本翻訳協会が実施しているJTA公認翻訳専門職資格試験がある。英語部門と中国語部門があり、全科目合格し、職務経験2年以上の者を「JTA公認翻訳専門職」と認定している。

翻訳家 なるためチャート

続きを読む

翻訳家の仕事の内容

大きく分けて出版翻訳と産業翻訳がある

 翻訳には大きく分けて出版翻訳と産業翻訳がある。小説やノンフィクションなどを単行本や雑誌の記事として翻訳するのが出版翻訳、契約書や企画書などのビジネス文書、機械のマニュアルや文献などを翻訳するのが産業…

続きを読む

翻訳家の働き方と生活

締め切り優先で休日返上になることも

 締め切りに間に合わせるため、休日返上で仕事をすることもある。特に産業翻訳の場合は期間が短く、数日単位の場合もある。出版翻訳の場合は数か月単位が一般的だ。
 勤務時間や休日は、フリーで働く場合…

続きを読む

翻訳家に向いている人・適性

言葉の表現力に優れ集中力のある人

 出版翻訳、産業翻訳を問わず、まず日本語と外国語の表現力に優れていることが条件だ。そのうえで、出版翻訳の場合は言葉の微妙なニュアンスを読みとり表現する感性やセンス、あるいは両国の歴史や文化、生活習慣へ…

続きを読む

翻訳家の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

雇用形態などにより異なる

続きを読む

翻訳家の資格

関連資格

JTA公認翻訳専門職

続きを読む

翻訳家の将来性

国際化の進行で翻訳のニーズも増加

 国際化に伴い、特に産業翻訳の需要が活発である。中国など経済発展が著しい国の言語への翻訳に対するニーズも高い。医薬や特許の翻訳では、背景となる専門知識を身につけておくことも強みになる。翻訳ソフトの研究…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す