×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 デザイン系

テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーになるには

大学や専門学校で織物の基礎を学ぶ

 特に必要な資格はないが、専門知識や技術が必要なので、芸術系大学の染織関連学科やデザイン学科、大学、短大の生活科学系学部・学科、専門学校のテキスタイルデザイン科などで基礎を学び、アパレルメーカーや繊維メーカーなどに就職するのが一般的なコースだ。現在ではパソコンでの作業も多いので、この面のスキルも身につけておくと役立つだろう。
 就職後も、原料や織物機械の知識など、学ばなければならないことは大変多く、一人前になるには、少なくとも数年は修業期間が必要と言われている。
 また、染色工場や織物工場、アパレルメーカーなど各分野を渡り歩き、それぞれの現場のノウハウを身につけていくというケースもある。

テキスタイルデザイナー なるためチャート

続きを読む

テキスタイルデザイナーの仕事の内容

ファッションなどの素材となる布をデザインする

 洋服やネクタイ、カーテンなど身の回りの布地には、いろいろな色や模様がついている。そうした布地の素材や、柄のパターンをデザインするのがテキスタイルデザイナーである。
 テキスタイルとは「織物」…

続きを読む

テキスタイルデザイナーの働き方と生活

勤務先は主に繊維や生地関係の会社

 勤務先はアパレルメーカーの素材部門や繊維メーカーが多く、そのほかにはデパートやインテリアメーカーなどがある。フリーをめざす場合でも、いったんはこうした企業に数年間勤務したのち独立するのが一般的だ。<…

続きを読む

テキスタイルデザイナーに向いている人・適性

優れた色彩感覚とオリジナリティーが大切

 テキスタイルデザイナーにとって何よりも大切なのは、豊かな色彩感覚である。そして、流行に対して常にアンテナを張りめぐらせ、新しい情報をどん欲にキャッチしようとする積極的な姿勢も必要だ。また布地のデザイ…

続きを読む

テキスタイルデザイナーの年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

初任給 約21万円

続きを読む

テキスタイルデザイナーの将来性

重要性を増すファッション界での役割

 ライフスタイルの多様化に伴い、洋服やインテリアにも個性的なデザインが求められるようになってきた。また、日本発のオリジナルなデザインが海外で評価されるようになるなど、これまで以上にテキスタイルデザイナ…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す