×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 事務系

速記者

速記者

速記者になるには

速記技能検定の上級レベルをもっていると有利

 速記の技術は、テキストに従って独力でも身につけることはできるが、プロの速記者になるためには、速記教育機関できちんとした指導を受けた方が上達が早い。
 上達の程度をはかるためには速記技能検定(6級から1級まで)があり、2級から「速記士」の認定証が交付される。速記技能検定の試験は、朗読文を速記し、それを反訳して原稿をつくるもので、速記する速度と反訳時間で級が決まる。ちなみに、6級は5分間400字で反訳時間60分、1級は10分間3200字で反訳時間130分である。
 なお現在は、国会(衆議院/参議院)の速記者の育成期間である速記者養成所は廃止され、速記者の募集は行われていない。

速記者 なるためチャート

続きを読む

速記者の仕事の内容

速記を駆使して正確に文書化する専門家

 速記者の仕事は、速記記号を使って、会議の発言や会見の記録、インタビューの内容など、人の話を書き取って記録する仕事である。発言者の声を聞きながら、普通の文字を書くときの10倍ものスピードで書くことがで…

続きを読む

速記者の資格

関連資格

速記技能検定

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す