職業情報 芸能・芸術系

演出家

演出家

演出家になるには

進学するなら芸術系の学部が有利

 大学・短大・専門学校には、舞台芸術や演劇論を学べるところがある。これらでは、舞台運営の理論や技術を学びながら、演出家に要求される芸術的センス、企画力、調整力、統率力などの総合的能力を養うことができる。また、戯曲作品を深く学べる文学系の学部も有効である。
 演出家として仕事をするには、劇団に所属するか、フリーで活動するかの二つの道がある。
 劇団に入る方法はさまざまで、プロの劇団の場合、演劇研究所(研修所)などの試験を受ける必要がある。この試験には実技試験もあるので、ある程度の舞台経験が必要になる。入団後は、演技の勉強をしたり、劇団スタッフとして公演運営に参加しながら、演出家の素養を体験的に身につけていく。

演出家 なるためチャート

続きを読む

演出家の仕事の内容

作品を芸術にまで高める舞台表現のプロ

 演出家は、演劇、オペラ、バレエなどの舞台をまとめ上げる専門家。作品の芸術性を引き出し、作品全体の責任者となる。演劇の場合、まず戯曲を選定し、プロデューサー、脚本家と舞台の方向性、演出のコンセプトなど…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す