職業情報 芸能・芸術系

演出家

演出家

演出家の仕事の内容

作品を芸術にまで高める舞台表現のプロ

 演出家は、演劇、オペラ、バレエなどの舞台をまとめ上げる専門家。作品の芸術性を引き出し、作品全体の責任者となる。演劇の場合、まず戯曲を選定し、プロデューサー、脚本家と舞台の方向性、演出のコンセプトなどを固めていく。次に劇場を決定し、舞台装置から客席、楽屋まで劇場のすべてを把握する。もちろん、脚本のチェックも欠かせない。戯曲のメッセージ性、演出家の個性を鮮明にするため、脚本家と打ち合わせを繰り返し、台本を完成させていく。なかには、脚本を自ら手がける演出家もいる。演技者、俳優の選定も大切な仕事だ。所属する劇団の俳優たちから作品に合った者を選んだり、オーディションで新人を発掘したりする。並行して、舞台美術、照明、音楽、衣装などの専門スタッフと演出プランを確認し、制作を指示する。稽古が始まると演出家は演技指導にあたる。舞台表現は、俳優のセリフと動きが重要なので、演技指導は最も大事な仕事といえる。劇場・舞台のほか、テレビドラマや映画などの映像分野、イベントステージの企画・演出などで活躍している演出家もいる。

演出家にはこうすればなれる

進学するなら芸術系の学部が有利

 大学・短大・専門学校には、舞台芸術や演劇論を学べるところがある。これらでは、舞台運営の理論や技術を学びながら、演出家に要求される芸術的センス、企画力、調整力、統率力などの総合的能力を養うことができる。また、戯曲作品を深く学べる文学系の学部も有効である。
 演出家として仕事をするには、劇団に所属するか、フリーで活動するかの二つの道がある。
 劇団に入る方法はさまざまで、プロの劇団の場合、演劇研究所(研修所)などの試験を受ける必要がある。この試験には実技試験もあるので、ある程度の舞台経験が必要になる。入団後は、演技の勉強をしたり、劇団スタッフとして公演運営に参加しながら、演出家の素養を体験的に身につけていく。

演出家 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る