職業情報 芸能・芸術系

音楽家

音楽家

音楽家の仕事の内容

演奏会以外にも広がる活躍の舞台

 音楽にはポップス、ジャズ、クラシック、邦楽など、いろいろなジャンルがあるが、ここではクラシックを取り上げる。
 クラシックの音楽家は、大きく声楽家、演奏家、指揮者に分けられる。声楽家はオペラやクラシックの歌曲の歌手である。演奏家はピアノ、バイオリン、チェロ、フルートといった楽器の奏者で、オーケストラの楽員、ソリスト(独奏者)などとして活躍している。
 演奏家の仕事の場は通常、演奏会やコンサートなどだ。最近では、テレビ出演、ほかの分野の歌手たちとのジョイントコンサートやレコーディングなど、その活動の幅が広がってきている。

音楽家の働き方と生活

地位や人気によって生活は大きく異なる

 プロとしての地位を確立している人であれば、演奏会やコンサートに向けての準備と、本番のステージの繰り返しが日々の生活となる。人気の音楽家ともなれば、海外公演へ出向くこともある。ただし、音楽家としての活動だけで生活できる人は少なく、音楽教室や大学の講師、個人向けレッスンなどの副業を行っている人が大半だ。

音楽家にふさわしい人

豊かな才能と音楽への情熱が必要

 豊かな才能と感性、音楽にかける強い情熱が基本条件になる。これらを開花させるために、小さなころからレッスンを受ける人も多くいる。
 また、オペラ歌手は、歌唱力や演技力のほか、作品の作られた国の言語で歌うことが多いため、語学力も必要だ。指揮者は、オーケストラをまとめていく仕事なので、信頼される人格とリーダーシップが求められる。

音楽家の収入、資格

収入 …  経験や能力により異なる

音楽家の将来展望

一般大衆にもファンが広がる傾向

 日本のクラシック音楽家は、欧米などと比べて仕事の場が限られており、決して恵まれているとは言えない。そのため、海外で修業して評価を高め、逆輸入の形で日本でも有名になった音楽家も少なくない。
 しかし、映像メディアの発展・普及で、ようやく活動の場も広がり始めている。

音楽家にはこうすればなれる

大学や短大・専門学校で音楽の基礎を学ぶ

 音楽家は、原則として学歴で判断されるものではない。しかし、クラシック音楽のプロになるためには、まず、基礎知識や技能を身につけておく必要がある。それには、やはり音楽系の大学や短大・専門学校で学ぶのが一般的なコースだ。
 それと同時に、著名な指導者に師事し、個人レッスンを受ける人も多く、また、海外に留学して修業を積む人も少なくない。そして、国内外の権威あるコンクールで上位に入賞などすれば、演奏家として巣立つ可能性も高まる。
 プロになるには、狭く険しい道を通り抜けなければならないが、自分の才能を信じ、常に努力を惜しまない姿勢が大切だ。

音楽家 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ