×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

薬品メーカー勤務

薬品メーカー勤務

薬品メーカー勤務になるには

薬学の基礎知識が必要

 研究職の場合、薬学系の大学で専門知識を修得したり、薬剤師の資格を取得しておく必要がある。また、営業・販売などの仕事に携わる場合は、医薬情報担当者(MR)の資格があり、取得するには薬品メーカーに入社してから医療・医薬品に対する知識を深め、研修を受け、MR認定センターの認定試験を受験することになる。大手の薬品メーカーでは採用基準を「大学または大学院卒」としている企業が多いようだ。

薬品メーカー勤務 なるためチャート

続きを読む

薬品メーカー勤務の仕事の内容

薬の開発から販売まで業務は多岐にわたる

 薬品メーカーは、薬の開発、臨床試験、生産、販売などを行う。部署により仕事の内容はさまざまで、中には資格がないと携われない仕事もある。薬事部の場合は、新薬の承認を得るために、厚生労働省に提出する資料や…

続きを読む

薬品メーカー勤務の働き方と生活

担当業種により勤務体系も異なる

主に研究・開発・生産・営業に分かれるが、基本的には所属する会社の勤務形態に従う。営業の場合は、医師や病院の事務局長と夕方から夜にかけて商談を行うため、業務が深夜に及ぶことも多い。…

続きを読む

薬品メーカー勤務の資格

関連資格

薬剤師/MR(医薬情報担当者)

続きを読む

薬品メーカー勤務の将来性

製薬業界は今後も拡大予想

 外資系製薬会社、国内製薬会社、ジェネリック製薬会社など、製薬会社にもさまざまな種類があるが、少子高齢化が進んでいること、治療薬だけでなく予防薬の需要も高いことなどを理由に、製薬業界は今後も伸び続ける…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す