職業情報 芸能・芸術系

芸能マネージャー

芸能マネージャー

芸能マネージャーの仕事の内容

芸能人の人気を陰で支える

 担当する歌手や俳優、タレントなどが十分に能力を発揮し、芸能活動がスムーズに行えるように管理、サポートする。これには、スケジュール管理や宣伝活動、芸に対するアドバイスなども含まれる。担当する芸能人をどのようにプロデュースするか、社内のブレーンと綿密に作戦を練ったうえで、テレビ局やレコード会社、雑誌社などに売り込んでいく。芸能界では、人気が急に低下してしまうことも珍しくない。そのため、悩みを抱えている芸能人も多く、そんな悩みを聞き出し、精神的な支えになるという役割もある。芸能人の活躍は、芸能マネージャーの陰の努力に支えられていると言ってもよいだろう。

芸能マネージャーにふさわしい人

誰にでも好かれるタイプで、押しの強さも必要

 スケジュール管理が主な仕事なので、まず、物事を調整する能力が必要だ。そして、芸能人にもクライアントにも好感を持たれるタイプでないと務まらない。また、礼儀正しさに加えて、自分が担当する芸能人をどんどん売り込んでいく押しの強さや打たれ強さも求められる。
 さらに、芸能人より早く起きて遅く寝るという生活が続くので、体力に自信があることや忍耐力があることも条件になる。

芸能マネージャーの将来展望

人材の質の向上が今後の課題

 テレビに出てタレント的な活動をする大学教授やジャーナリスト、弁護士なども見られるようになるなど、芸能活動をする人の種類も多様化しており、マネージャーにも、質の高さや多様性が求められている。
 また、今後は国際的に活躍する芸能人が増えてくることが予想され、語学が堪能で、国際感覚豊かなマネージャーなども必要になってくるだろう。

芸能マネージャーにはこうすればなれる

芸能プロダクション入社が第一歩

 現在、芸能プロダクションでは、所属している芸能人のマネージャーとして大卒者を採用しているところもあるようだが、基本的には、学歴よりも人柄、体力、行動力などが重視される実力主義の世界だ。
 芸能マネージャーになるためには、芸能プロダクションの採用試験を受け、入社するのが近道だ。担当する芸能人の下積み時代はかなり苦労するが、それを乗り越えスターに育てることができれば、大きな実績となり、この世界で一人前に扱われるようになる。その実績と、それまで培ってきた人脈を生かして独立し、プロダクションを設立することも十分可能である。

芸能マネージャー なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る