職業情報 芸能・芸術系

俳優

俳優

俳優の仕事の内容

活躍の場は舞台やテレビなど多様

 ひと口に俳優と言っても、その活動する場は多様である。中には、一つの劇団に所属し、その劇団の芝居だけを演じる舞台俳優もいるが、最近では、テレビ、映画など、さまざまな場に出演する俳優が多数を占めている。いずれにせよ、仕事の基本は、台本に従って演技し、多くの観客(視聴者)を魅了することである。
 一つの作品を仕上げるため、監督を中心に、ほかの俳優やスタッフと協力して打ち合わせやリハーサルなどを繰り返し、本番に臨む。
 この仕事の最大の魅力は、いろいろな人生を擬似体験できることだろう。中には、日常生活からその役になりきって役作りをする俳優もいる。

俳優の働き方と生活

オーディションなどで役を獲得していく

 俳優は主に劇団やプロダクションに所属し、一般にオーディションなどを受けて役を得る。第一線で活躍できる人はひと握りで、アルバイトをしながら俳優を続ける人もいる。
 労働時間や休日は不規則であることが多く、特にテレビや映画の仕事では、撮影が長引いたり、早朝や深夜に行われたりする場合もある。

俳優にふさわしい人

チャレンジ精神と体力が欠かせない

 俳優に個性や才能が必要なのは言うまでもない。また仕事の内容によってスタジオ、国内・海外のロケ地など、仕事の場所が変わったり、真冬に真夏のシーンを撮影したりと、肉体的に厳しい条件の下で仕事をすることもある。そのため、体が丈夫なことも重要な要素である。
 そのほか、チャンスを逃さないチャレンジ精神や、多少の失敗にもくじけない精神力も欠かせない条件と言える。

俳優の収入、資格

収入 …  経験や能力により異なる

俳優の将来展望

世界で活躍する俳優が望まれる

 BS放送やCS放送、インターネットの普及などで、日本人俳優だけでなく、世界中の俳優がより身近な存在になってきた。
 しかし、外国の俳優に比べて、海外で活躍する日本人俳優はまだ少数である。今後は、国際的に通用する俳優として世界に進出する機会も増えるだろう。

俳優にはこうすればなれる

劇団かプロダクションでチャンスをつかむ

 俳優になるための道は、大きく分けて二つある。
 一つは劇団に入ることだ。劇団にもいろいろあって、古典演劇を上演し続けているところもあれば、ミュージカルなど音楽劇中心のところもあり、規模の大小も含めて千差万別である。まずは自分の好みの劇団を見つけ、チャレンジしてみるのがよいだろう。また、芸術系の大学や短大、専門学校では舞台や俳優コースを設けているところがあるので、そこで基礎から徹底的に学び、卒業後、劇団に入団した人も数多くいる。
 もう一つの方法は、大手プロダクションの俳優養成コースに入ることである。そこで才能を認められれば所属俳優になることもできる。

俳優 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ