職業情報 芸能・芸術系

芸術家

芸術家

芸術家の仕事の内容

感性と技術で作品を創造する

 芸術家の仕事は、美術系の絵画・彫刻や、音楽系の演奏・歌唱、工芸系の陶芸・染織、身体表現系の演劇・舞踊など多岐にわたり、美的な創造活動を行う人はすべて芸術家といえる。それぞれ専門の知識を大学などで習得し、作品づくりにかかるわけだが、その作品を商業ベースにのせるのが一番大変で、作品を気に入って店などに置いてくれるところを自分で見つけなければならない。たいていの場合は、美術教師や芸術教室の講師・アルバイトなどの副業をしながら余った時間で作品を制作し、個展やグループ展を開催したり、コンクールに応募するなどの活動をしている。芸術家は自分の作品をつくっていれば幸せだが、生計を立てていくことを考えるとなかなか大変な職業である。

この職業をめざすなら!

芸術家にはこうすればなれる

大学などで専門知識を身につける

 芸術家になるために特別な資格は必要ないが、まず、美術・音楽・身体表現などそれぞれの芸術に関する大学・短大・専門学校に進み、基礎的な知識を身につけることが大切である。
 美術系では絵画、彫刻、造形、工芸などの、また音楽系では作曲、声楽、器楽などの学科があり、それぞれ基礎知識を学ぶことができる。専門的な知識をつけ、商業ベースにのせるしくみなどを覚えるには、高名な芸術家の工房やアトリエに入ったり、弟子になるという方法もある。

芸術家 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ