電車の運転士の仕事の内容

電車の運転士

電車の運転士の仕事の内容

乗客や貨物を安全、確実に目的地まで運ぶ

  毎日、多くの人が通勤・通学で電車を利用し、また、多くの貨物が電車で運ばれている。電車の運転士は、このような乗客や貨物などを電車で安全、確実に目的地まで運ぶ仕事である。
 電車の運転士は、助役から運転前に所属の乗務区で点呼を受け、健康状態を確認し、時刻表など乗務に必要なものを受け取り、車両のモーター、ブレーキなどを点検して安全を確認後、乗務に就く。
 出発の時刻になったら発車し、信号や踏切などに気を配りながら電車が予定通り駅に到着するように運転する。一定の時間を運転し終えると次の運転士と交替し、1日の勤務が終わると、車両を車庫に入れてその日の運転状況を報告する。
 万が一、事故が起こった場合には車掌などと協力して乗客の安全を確保し、事故の処理も行う。

この職業になれる専門学校を探す