職業情報 医療・看護系

診療放射線技師

診療放射線技師

診療放射線技師の仕事の内容

現代医療に欠かせない放射線装置を駆使

 現代の医療では、病気の検査や治療のために放射線が欠かせない。診療放射線技師は、医師や歯科医師の指示を受け、検査や治療のためにX線やそのほかの高エネルギー放射線を人体に照射する医療技術者だ。
 放射線装置で一番身近なのが、レントゲン博士が発明したX線装置だが、ほかにもCT、MRI、超音波など、人体内部の様子を映し出したり、心臓や脳などを調べたりする高度な画像診断機器がいろいろ使われている。また、ラジオアイソトープ(放射性同位元素)は診断だけではなく、がん細胞を破壊し転移をくい止めるなど、治療面でも大きな効果を上げている。

この職業をめざすなら!

診療放射線技師の働き方と生活

勤務先によっては休日・夜間勤務も

 診療放射線技師の主な勤務先は、病院や診療所などだ。また近年は、高度な範囲で放射線を扱うことができるため、医療機器メーカーの研究開発部門にも進出している。
 勤務時間は比較的規則正しいが、救急病院や大学病院などでは休日や夜間の勤務、残業が発生する場合もある。

診療放射線技師にふさわしい人

知的好奇心が強く気配りのできる人

 診療放射線技師には、放射線の専門知識はもちろん、生理学、解剖学などの医学知識、画像を作るための電子工学やコンピュータの知識など、広範な知識が必要なため、知的好奇心が旺盛な人に向いている。また、放射線の扱いには危険が伴うので、注意力や慎重さも求められる。
 直接患者に接する機会も多いので、不安を抱く患者の気持ちを和らげる気配りも必要だ。

この職業をめざすなら!

診療放射線技師の収入、資格

収入 …  平均給与 約37万円(2015年厚生労働省調査)

必須資格 … 診療放射線技師

診療放射線技師に必要な資格が取得できる大学を検索

診療放射線技師に必要な資格が取得できる専門学校を検索

診療放射線技師の将来展望

医療以外の産業界にもニーズが広がる

 放射線の医療への応用は、医療技術の中で最も進歩が著しい分野の一つだ。今後、電子工学を医療に利用する方法がより発展すれば、診療放射線技師へのニーズはさらに拡大するだろう。
 一方、医療以外に産業分野などでも放射線の利用が増えているため、放射線の照射、安全管理などの専門教育を受けた技術者である診療放射線技師の活躍の場は広がっている。

診療放射線技師にはこうすればなれる

養成課程のある学校に入るのが第一歩

 診療放射線技師になるためには、診療放射線技師国家試験に合格しなければならない。受験資格は、養成課程のある大学や短大、専門学校などで3年以上必要な知識、技能を修得した者などに与えられる。養成課程のある大学、短大、専門学校は2015年現在、全国に約40校ある。
 国家試験の合格率は、年により多少の変動はあるものの、おおむね70%前後で推移している。国家試験では、基礎医学大要、放射化学、画像工学などの科目がある。

診療放射線技師 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ