細胞検査士の仕事の内容

細胞検査士

細胞検査士の仕事の内容

がんなどの早期発見に携わる細胞診のスペシャリスト

 がんなどの悪性細胞の発見において、きわめて重要な検査法の一つが細胞診である。この細胞診スクリーニングの業務を、指導医の監督指導のもとに担当するのが細胞検査士である。実際には人体からいろいろな方法で採取された細胞を、標本にして染色し、それを顕微鏡で観察する。細胞診を行う者には、緻密な正確さと高い能力が要求されるので、スペシャリストとしての能力を、日本臨床検査医学会と日本臨床細胞学会が細胞検査士という資格として認定している。主な活躍の場は、病院や診療所、検査センターなどで、医師が患者の病気の診断をする際に重要な役割を担っている。

この職業になれる専門学校を探す