×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 機械・化学研究・技術系

企業内研究員

企業内研究員

企業内研究員になるには

研究し続けたい専門テーマを持つことが大切

 企業内研究員になるには、まずは大学や短大などに進んで、研究者としての基礎的知識を身につけることが必要である。
 多くの企業は、自社が開発している製品等と関係の深い学問分野を研究してきた人材を採用する。
 高度な知識が必要とされるため、企業内で働いている研究員は、大学院の修士課程を修了している人も少なくない。

企業内研究員 なるためチャート

続きを読む

企業内研究員の仕事の内容

社会貢献につながる新しい発見をめざして

 民間企業の研究機関で、専門分野の研究をする人を総称して企業内研究員という。研究分野は、食品、生活用品、医薬品、工業製品など商品の開発にかかわるものや、石油、電気、原子力などエネルギーに関するもの、労…

続きを読む

企業内研究員の働き方と生活

研究内容によっては生活が不規則になることも

 基本的には所属する企業の就業規則に従うため、週休2日制が多い。ただし、研究内容によって、例えば生物を扱うものや、一日の中での変化を確認する必要のあるものなら、早朝・深夜の勤務も十分あり得る。…

続きを読む

企業内研究員の将来性

所属企業には欠かせない存在

 公的機関での研究とは違い、所属する企業の利益につながる研究を行うのが、企業内研究員の仕事。その企業が作っている商品の改善や新たな商品開発を行うことになる重要な仕事だ。成果につながるかどうかを厳しく見…

続きを読む