×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

航海士の仕事の内容

航海士

航海士の仕事の内容

航海計画を練り安全な航行を指揮する

 一般に大型船には、仕事の役割によって、甲板部、機関部、無線部、事務部が置かれている。甲板部は運航や荷役の仕事を担当し、機関部はエンジン、電気系統などの保守管理を担当する。無線部は陸上や他の船舶との通信、事務部は船内の事務や、船客や乗務員への食事サービスなどを行う。
 航海士は、甲板部において航海や荷役に関する業務の指揮に当たる。航海に先立っては、港湾や航路の状況、気象や海象の特徴や変化、航海距離などを調査して、機関士と相談しながら航海計画の原案を練る。航海中は肉眼やレーダー、GPSなどで船の位置確認を行い、気象や潮流の変化に気を配り、安全で効率的な航海を行っている。

この職業になれる専門学校を探す