×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 マスコミ系

音響エンジニアの仕事の内容

音響エンジニア

音響エンジニアの仕事の内容

ライブやコンサートなどで音を演出する

 映画やテレビ、ラジオ、コンサート、舞台などで、音響効果のレベルやバランスを調整したり、機材の設置、レコーディング等を担当するのが音響エンジニアだ。ミキサー、PAエンジニアと呼ばれることもある。
 コンサート会場では、メイン機材を操作するチーフオペレーター、モニターを操作するサブオペレーター、機材の設置やオペレーターの補助をするアシスタントで構成され、会場を盛り上げる重要な役割を果たしている。
 ほかにアンプ・スピーカーの設計・開発や、コンサートホール・ライブハウスなどの音響設計をする人もいる。まさに、音響のスペシャリストだ。

この職業になれる専門学校を探す