×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

声優の仕事の内容

声優

 声優は声を使って演技を行う職業。代表的な仕事として、アニメや洋画の吹き替えが挙げられる。近年はテレビゲームやスマホゲームのキャラクターを演じたり、舞台や歌、タレントとしての仕事も任せられるようになっており、活躍の幅が広がりつつある職業だ。

声優の仕事の内容

映像の裏側で声だけで演技する

 声優の仕事はアニメや洋画の吹き替えがメインだが、ラジオドラマやDJ、テレビのナレーションなどの仕事もある。最近は、ゲームソフトのキャラクターやナレーションなどの仕事も増えてきた。
 仕事はオーディションを受けて得る。一度演じたキャラクターは、よほどのことがない限り変わることはない。特にアニメのキャラクターと声優は切り離せないものである。キャラクターの人気が上がると、相乗効果で声優個人の人気も出る。かつて声優は「裏方」的な職業だったが、現在では、テレビやイベントに出演したり、CDを出したりと、アイドル並みのタレント活動をする人も出てきた。

 このように声優は、主に声を当てる(アフレコを行う)の仕事で経験を積み、人気が出てきたところで、タレント活動のような表に出る仕事が増えていくようだ。
 声を当てる仕事も、何のメディアかによって仕事のやり方が少し変わる。例えばアニメや洋画の吹き替えの場合、キャラクターのイメージに合わせて、声だけで演技を行う。どちらも高度な技術が必要とされ、収録時間が放送・放映時間よりも長くかかることが多い。また、ゲームソフトのメインキャラクターを演じる場合、細かいセリフや動作のセリフも求められたり、一人で二役以上演じたり、長時間の収録にあたったりすることも多く、体力や根気が求められる。

この職業になれる専門学校を探す