×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

音楽療法士の仕事の内容

音楽療法士

音楽療法士の仕事の内容

音楽を通して心身障害者の機能回復を手助けする

 音楽療法士の仕事は、乳幼児からお年寄りまでの心身に障害をもった人が、音楽を聴くことや演奏することを通して、運動機能の回復や獲得、社会性、認知力などを養っていくのを手助けすることである。音楽をリハビリテーションととらえ、音楽の持つ威力や特性をうまく生かして、人の感情に働きかけ、それぞれの障害の実状に合った心身の療法を、医師や看護師、その他のスタッフと協力して進めていく。音楽療法士には、音楽の領域だけでなく、心理・医学・福祉などの幅広い知識と技術が必要なので、日本音楽療法学会がスペシャリストとしての能力を認定する「音楽療法士」の資格(民間)を設けている。ただし、音楽療法自体が日本ではまだ未開拓の部分で、この資格取得が直ちに就職に結びつくとは限らない。

この職業になれる専門学校を探す