音楽療法士になるには

音楽療法士

音楽療法士になるには

音楽療法養成校に入るのが近道

 日本音楽療法学会が認定する音楽療法士になるには、必修講習会コースと認定校コースの2通りがある。必修講習会コースでは音楽療法に関する知識はもちろんのこと、臨床経験や研究発表、音楽についての指導経験などの実績も問われる。認定校コースでは日本音楽療法学会が養成校として認定した大学、短大、専門学校を卒業して音楽療法士(補)試験に合格した人が、面接試験を受けることで習得できる。また、他の民間資格として、全国音楽療法士養成協議会の認定する音楽療法士(専修、1種、2種)資格があり、協議会の定める養成課程を修了して卒業(専修は大学院等、1種は大学等、2種は短大等)すると付与される。
 そのため、まずは音楽療法に関するコースやカリキュラムのある大学・短大・専門学校へ進学し、音楽療法士として必要な知識や技能を身につけることが第一歩となる。

音楽療法士 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す