ディスパッチャーになるには

ディスパッチャー

ディスパッチャーになるには

大学から航空会社に就職するのが先決

 まず航空会社や運航管理関連業務を専門に行う会社に採用されることが先決だ。そして適性があると認められればオペレーションコントロールセンター(運航管理室)に配属され、2年以上の実務経験を経たのちに、運航管理者技能検定にチャレンジするのが一般的なコースである。
 試験の受験資格は、21歳以上で、操縦、空中航法、気象業務、機上での無線設備操作、航空交通管制業務、運航管理者の補助のいずれか一つの経験を2年(運航管理者補助の場合は1年)以上、または2つ以上の経験を各1年以上経験した人となっている。
 国家試験合格後は、数年間運航業務を担当し、社内審査にパスして初めて正式にディスパッチャーとして配属される。

ディスパッチャー なるためチャート

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る