ディスパッチャーの働き方と生活

ディスパッチャー

ディスパッチャーの働き方と生活

24時間体制のため勤務時間は不規則

 ディスパッチャーは24時間・365日体制で、常に空港で情報の収集、監視に当たっている。そのため、勤務は交替制で行うのが一般的だ。航空機の発着時刻に合わせた勤務となるので、国際線を担当する場合などには勤務時間は不規則になる。休日も、土日・祝日に関係なく交替制で取り、月に10日ほどあるようだ。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る