×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

税理士になるには

税理士

 税金の専門家。企業や個人が納める税金について、書類を作成したり、申告・申請を代行したりする。そのほか、企業の経営についてコンサルティングを行う、税務署で納税の相談に対応する、企業の中で経理を担当するなど、さまざまな働き方がある職業だ。

税理士になるには

5科目を何年かけて合格してもOK

 税理士になるには、税理士試験合格が一般的なルートである。
 試験科目は簿記論、財務諸表論、所得税法など11科目あり、このうち必修2科目に選択科目3科目を加えた、合計5科目の試験に合格しなければならない。一度に5科目受けることもできるが、一発合格は至難の技。科目合格制を採っているため、何度か受験してトータルで5科目に達すれば合格となる。なお、受験資格は学歴や実務経験によって細かく規定されているので注意が必要だ。
 税理士をめざすなら、大学の法学系、経済学系、経営学・商学系学部へ進学するのが一般的である。また、税理士事務所などに就職し、事務所のバックアップを受けて実務経験を積みながら試験にチャレンジすることも可能だ。

税理士 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す