職業情報 金融系

経営コンサルタント

経営コンサルタント

経営コンサルタントの仕事の内容

会社の経営状態を診断し業績アップにつなげる

 会社や商店などの経営状態を診断し、経営体質の強化や今後の方針について指導やアドバイスをするのが経営コンサルタントだ。クライアント(依頼主)の要望に合わせて、経営の効率化や合理化のための診断、人事や賃金の見直し、設備投資計画の作成などを行う。クライアントが提出する資料では診断材料が足りない場合は、独自に調査も行う。また、企業向けに、従業員の能力開発セミナーの講師を務めることもある。
 企業の経営指導を行うために、日ごろから国内外の経済動向、法規制や法改正の動き、IT関連機器の開発状況、賃金や雇用の動向などの情報を収集・分析し、それを仕事に生かす。

経営コンサルタントの働き方と生活

特定の企業と契約してアドバイスを行うことが多い

 主な職場としては、経営コンサルティング会社やシンクタンクなどが挙げられるが、自分で事務所を開設する場合もある。特定の企業と契約して経営に関するアドバイスを行うほか、講演や本の執筆などで活躍する人もいる。
 クライアントの都合に合わせるため、深夜や休日に仕事をすることもある。

経営コンサルタントにふさわしい人

これだけはという専門分野があれば強みに

 何よりも大切なのは、企業経営全般についての幅広い経験と知識だ。さらに何かの専門分野に精通していれば強みとなるはずだ。
 企業の問題点を分析するにあたっては、鋭い洞察力と的確な判断力が求められる。また、クライアントから信頼される誠実な人柄であること、企画力、わかりやすく説明する能力、優れた計数能力があることなども条件と言えるだろう。

経営コンサルタントの収入、資格

収入 …  コンサルティング内容により異なる

関連資格 … 中小企業診断士/社会保険労務士/公認会計士/税理士/経営士

経営コンサルタントの将来展望

中小企業の活性化に大きな期待

 日本では、中小企業が企業全体の90%以上を占めると言われている。これらの企業の多くは現在、なんらかの課題を抱えて打開策を模索しているため、経営コンサルタントが活躍する機会は大いにあると考えられる。
 企業の競争が激化している今日、経営コンサルタントによる大胆で的確なアドバイスや提案が求められている。

経営コンサルタントにはこうすればなれる

大学で経済学、経営学などを学ぶのが第一歩

 経営コンサルタントになるために必要な資格は特にないが、関連の深い国家資格として中小企業診断士が挙げられる。
 資格取得をめざすには、まず中小企業診断士試験の1次試験(科目合格制)に合格する必要がある。だれでも受験できるが、経済に関するかなり専門的な知識が問われる。
 1次試験合格後のルートは大きく二つに分かれる。一つは2次試験を受験する方法で、2次試験合格後、一定期間の実務・実務補習を経ると中小企業診断士として登録が可能だ。もう一つは中小企業大学校などの養成機関に入る方法で、所定の課程を修了すると中小企業診断士への登録資格が得られる。

経営コンサルタント なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る