×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

経営コンサルタントの仕事の内容

経営コンサルタント

 企業が抱える悩みを共有し、専門的な視点から解決手段を提案する職業。具体的な課題・改善点をデータやインタビューから調査し、どうすれば解決できるか、企業の経営陣にプレゼンテーションする機会が多い。激務な一方、給与水準が高いことでも知られている。

経営コンサルタントの仕事の内容

会社の経営状態を診断し業績アップにつなげる

 会社や商店などの経営状態を診断し、経営体質の強化や今後の方針について指導やアドバイスをするのが経営コンサルタントだ。クライアント(依頼主)の要望に合わせて、経営の効率化や合理化のための診断、人事や賃金の見直し、設備投資計画の作成などを行う。クライアントが提出する資料では診断材料が足りない場合は、独自に調査も行う。また、企業向けに、従業員の能力開発セミナーの講師を務めることもある。
 企業の経営指導を行うために、日ごろから国内外の経済動向、法規制や法改正の動き、IT関連機器の開発状況、賃金や雇用の動向などの情報を収集・分析し、それを仕事に生かす。

 経営コンサルタントの仕事は、クライアントが抱える課題を洗い出すことから始まる。そのための情報収集の一環として、経営者や従業員へのインタビューを行う。不確かな情報はその後の診断に差し障るため、情報をさまざまな角度から検証して、真偽や意味を考える必要がある。クライアントから提供されたデータを含め、情報を整理できたら、課題を解決するための具体的な解決方法を考える。仮に「従業員のモチベーションをアップさせる」という課題があったとして、人事評価の方法を変えるのか、新たな研修を実施するのか、解決方法はさまざまだ。調査結果を振り返り、いくつも仮説を立てて検証を繰り返し、効果的な方法を考えなければならない。クライアントに提案した後は、課題を解決するためのプロジェクトを立ち上げ、実行に移していく。
 経営コンサルタントが関わる分野は、経営戦略、人事、財務など幅広い。また、企業によっては医療コンサルティングなど、一つの業界に特化したコンサルティングを強みとしている場合もある。

この職業になれる専門学校を探す