×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

経営コンサルタントになるには

経営コンサルタント

 企業が抱える悩みを共有し、専門的な視点から解決手段を提案する職業。具体的な課題・改善点をデータやインタビューから調査し、どうすれば解決できるか、企業の経営陣にプレゼンテーションする機会が多い。激務な一方、給与水準が高いことでも知られている。

経営コンサルタントになるには

大学で経済学、経営学などを学ぶのが第一歩

 経営コンサルタントになるために必要な資格は特にないが、関連の深い国家資格として中小企業診断士が挙げられる。
 資格取得をめざすには、まず中小企業診断士試験の1次試験(科目合格制)に合格する必要がある。だれでも受験できるが、経済に関するかなり専門的な知識が問われる。
 1次試験合格後のルートは大きく二つに分かれる。一つは2次試験を受験する方法で、2次試験合格後、一定期間の実務・実務補習を経ると中小企業診断士として登録が可能だ。もう一つは中小企業大学校などの養成機関に入る方法で、所定の課程を修了すると中小企業診断士への登録資格が得られる。

経営コンサルタント なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す