×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

経営コンサルタントの働き方と生活

経営コンサルタント

 企業が抱える悩みを共有し、専門的な視点から解決手段を提案する職業。具体的な課題・改善点をデータやインタビューから調査し、どうすれば解決できるか、企業の経営陣にプレゼンテーションする機会が多い。激務な一方、給与水準が高いことでも知られている。

経営コンサルタントの働き方と生活

特定の企業と契約してアドバイスを行うことが多い

 主な職場としては、経営コンサルティング会社やシンクタンクなどが挙げられるが、自分で事務所を開設する場合もある。特定の企業と契約して経営に関するアドバイスを行うほか、講演や本の執筆などで活躍する人もいる。
 クライアントの都合に合わせるため、深夜や休日に仕事をすることもある。

 経営コンサルティング会社に入社した場合、はじめはデータの収集やインタビューの同行など、情報収集の過程に携わることが多い。その後、「マネージャー」「パートナー」などに昇格していくことで、コンサルティングの流れ全体に関わるようになっていく。
 また、打ち合わせ、資料の作成、インタビュー、データの整理など、やることが多いうえに、一つひとつの作業が結果に影響するため、経営コンサルタントは激務かつプレッシャーの大きな仕事だと言われる。また新人の頃はクライアントの業界についてもたくさん勉強しなければならないため、ますます大変だ。そのほか、関わるプロジェクトにもよるが、短期間で成果を上げなければならないときは特に忙しくなる傾向にある。
 なお、激務である代わりに、給与や待遇面は充実している企業が多い。

この職業になれる専門学校を探す