法人営業(企業向け営業)の仕事の内容

法人営業(企業向け営業)

法人営業(企業向け営業)の仕事の内容

法人を対象にセールスを行う

 企業には製造部門、営業部門、経理部門、総務部門、人事部門などがある。その中でも会社の商品を売る営業部門は、会社の命運を左右する重要な部門だ。
 営業担当者は一般的に、まず売り上げ目標を設定して、営業方法を決定する。そして、顧客となりうる企業を調査・選定し、顧客の担当者と直接会って商談する。商談成立後は、納品、代金回収、アフターケアといった仕事がある。
 営業には大きく分けて、固定の得意先と取り引きするルートセールスと、新規顧客開拓とがあり、規模の大きな会社では、それぞれ担当者が分かれている。

この職業になれる専門学校を探す