スーパー・コンビニ店長の仕事の内容

スーパー・コンビニ店長

スーパー・コンビニ店長の仕事の内容

消費者のニーズに合わせいち早く品ぞろえ

 スーパーマーケットとコンビニエンスストアは、経営形態や規模、品ぞろえなどで異なる点はあるが、店長の役割はほぼ同じと言っていいだろう。大手コンビニエンスストアの中には、将来の幹部候補への道を開くために、教育の一環として若手社員に店長を経験させるところもある。
 店長の仕事は、消費者の消費動向の変化をいち早く察知し、それを仕入れや品ぞろえ、商品陳列などに生かすことである。そのためには、マスコミ情報などを毎日こまめにチェックすることが必要だ。また、防犯・クレーム対策や、清掃・整頓などが行き届いているかどうかをチェックする売場管理や接客・身だしなみなどを徹底させる従業員教育、社員やアルバイトの人事管理も大切な仕事だ。
 コンビニエンスストアの中には、フランチャイザー(親会社)が運営するフランチャイズ・システムの加盟店も多く、親会社から宣伝広告、マーケティング、販売方法、従業員教育など、多くの面で支援を受けることができる。

この職業になれる専門学校を探す